不動産売却する際に不動産会社に依頼する場合は

不動産売却する際に不動産会社に依頼する場合は媒介契約を結ぶことが必要です。

媒介契約には専属専任媒介と専任媒介と一般媒介の3種類があります。

専属専任媒介は仲介を1社の不動産会社に依頼する契約です。

知人や親類などご自身で見つけてきた買主でもその不動産会社を介さないといけないです。

専任媒介も仲介を1社の不動産会社に依頼する契約ですが、ご自身で見つけてきた買主の場合はその不動産会社を介さなくても構わないです。オリンピック効果もあって中古マンションも高値で取引されている現状をご存知ですか?買ったときより高く売れたなんてことも! マンション 査定


一般媒介は1社だけじゃなく複数社の不動産会社に仲介を依頼できる形の契約です。

ご自身で見つけてきた買主でも不動産会社を介さなくて構わないです。

専属専任媒介と専任媒介のほうが不動産会社が仲介手数料を貰いたいために販売活動に一生懸命になってくれますが窓口が1社だけです。

一般媒介は窓口が広くなりますが他の不動産会社に仲介を決められると仲介手数料が入らないので一生懸命に販売活動を行わないことがあります。

このページの先頭へ