作家の綿矢りささんが国家公務員の男性と結婚

少し前のことですが、作家の綿矢りささんが結婚しましたね。03年に『蹴りたい背中』で芥川賞を受賞。史上最年少かつ美人作家ということで話題になった綿矢さんですが、そんな彼女をものにした結婚相手は果報者でしょう。相手は国家公務員だそうですが、一体どんなきっかけで知り合ったのでしょうか。気になるところです。

さて、芥川賞受賞後はしばらくの間、ほとんど作品を発表しなかった綿谷さんですが、10年頃から再びコンスタントに作品を発表しています。ところで、先の結婚相手と知り合ったのは4年半ほど前とのこと。充実した私生活が、旺盛な作家活動につながっているのかもしれません (私の想像に過ぎませんが)。家 売る


先にも述べましたが、ここ最近は多作の綿矢さん。私も何作か読んでいますが、綿矢さんの鋭い観察眼とユーモアのセンスには感心させられます。綿矢さんといえば、芥川賞受賞作しかしらないという人も多いと思いますが、近作もおススメですよ。

このページの先頭へ